FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

ユリカちゃんとママは可哀想 15

規制を強化することで世の中が良くなるか、悪くなるか、頭の悪い僕にはわかりません。
ただ、
人間なんて所詮は動物なんで、あんまり我慢ばっかりしちゃうと、その反動で過激な方向に行っちゃう傾向にあるかな、とは思います。
ロリコンはすなわち異常性愛ですから、無いに越したことはないと思いますよ。でも、
有るんだから、ねえ。
異常性愛、というと、世の中にはあってはならないものに聞こえますが、
異常なもんなんて、他にも世の中にゴロゴロ、有るんだからねぇ。
こればっかりを、責めてもねぇ。
ゼロにしちまおうって動きも、どうかな?と。
かえって、巧妙に隠された被害者を生むだけではないか、と。
もちろん、過激な描写のエロを目にした未成熟な人間が、それに刺激を受けて実行しちゃうなんて事も、あるかも。
でも、そうしたそそっかしい人間は、所詮そそっかしいので、そこだけを抑えたってまた別に事件を起こすんじゃないすかね。
犯罪の表面を掬い取ってその部分が悪いと言い切るのはラクですが、
元々の部分・・・・・結局は『心』、ですが、その心をおさえつけても、一層腐っちゃうんじゃねーか、と。
まぁ、規制を強化する事によって犯罪は地下に潜っちまうってーのがこれまでバカみてーに繰り返されてきたわけですが、表向きは犯罪減って万々歳。規制強化して良かった、良かった。となるでしょうね。
その地下でどんなに非道が行われようと、見えない場所で行われていることなんざ知ったこっちゃねーってわけッスかね。


で、入室してきたのは、
明らかに、ごく普通の人達です。
収入だって平均的だろうし、ヤクザでなく、特権階級というわけでもない。
月並みなスーツを着て、派手でなく、その辺りにいる、ありきたりな男達です。
恐らく普通に家庭を持ち、
勤め、税金を納め、
参政権もあるひとたちです。
それが、
「おぉ!こりゃ上玉だ!」
「す・・・すげぇ・・・」
「お、おい、母親の方もす、捨てがたいなぁ!」
まるで商品を見るかのように、母娘を見下ろし、
「母親と娘で、ホ、ホントに○万で、いいんだな?」
「あ、あとでもっとせびっても俺、そんな出せないぞ!」
「俺は、もう少し出しても、いい。だから、娘も・・・」
人権という、現在では常識と言っていい素晴らしいものを完全無視してます。
「お前ら、そんながっつくな!ちゃんとルール分かってるだろうな?・・・おい、説明したな?」
熊男が応えます。
「ええ、いつものように、はい」
「じゃあ、聞いてないだの、カネ上乗せするから特例を認めろだの、そんなめんどくせぇ話はナシだ。ルール通りにやらせて貰う。守れなければ、ここから出ていって貰う。いいな?」
いずれにせよ、ユリカちゃんとママの気持ちなど、完全無視です。
どうやら、三人の新顔の男たちは、
哀れな母娘で、自分等の溜まりに溜まった欲望を処理させる気満々のようです。
さて、百歩、いや一万歩でも譲ったとして、
誰かが彼らの歪んだ欲望を処理しなければならないとして、
それが何故、ママと自分なのか。
全く意味がわかりません。
まだ子供なので、不条理というものが世の中に当たり前に存在することを知らないのですね。
そして、
いくらその理不尽さに負けないよう頑張ろうとしても、
大人達の酷さは子供の想像を上回るものです。
ママはまたもやキャグボールで喋れないようにされ、今度は首輪をされ、四つん這いにされます。
人権どころじゃありません。
犬。
言葉だって喋れないのですから、犬そのものです。
そしてユリカちゃんは、ママの目の前に吊るされ、
両脚はさっきよりもっと、もっと拡げられ、
ピンク色の中身がハッキリ見えてしまってます。
ママと違い、口に何も咬まされていないものの、
羞恥に唇はキュッと結ばれ、小刻みに震え、
そして、
そのユリカちゃんの、恥ずかしくって恥ずかしくって仕方ない股間の真ん前に、
三人の男達。
ジィィィ~ッと、僅かに見える処女マンコにイヤらしい、ギラギラする6つの視線が集中します。
いくらその視線から意識を逸らそうとしても、まるで男達の目は透明な触手のように未発達な陰唇をなぶり、舐めるのです。
「・・・じゃあ、始めるか。小×六年生の、処女膜公開ショーだ!」
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/07/23(月) 13:04:43|
  2. ユリカちゃんとママは可哀想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユリカちゃんとママは可哀想 16 | ホーム | ユリカちゃんとママは可哀想 14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/309-bb95e2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR