FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

ユリカちゃんとママは可哀想 20

で、ユリカちゃんですが。
苦痛、屈辱、羞恥、嫌悪、世のあらゆる不快な感情を小さな身体に詰め込まされ、身体と心の痛みに泣き、震え、
しかし、ジンジンと性器の内面から、熱くドロリとした「何か」が・・・子供の自分には分からない、けれど自分のなかに明らかに眠っていた感情が、
性器から、そして心の奥の奥から、ムクムク沸き上がるのを感じていました。
幼い彼女には、それが何なのか、わかりません。
いや、わかっているのかも。
理性が認めたくないだけなのかも。
とにかく、混乱する身体にはいつの間にか、
ジンジンする「何か」が大きく膨らんでいき、脈打ち、
気持ちとは裏腹に、晒しものの性器に血が集まり、
性神経は乱暴に刺激され、
未熟な性器が勝手にウズウズ・・そして、ヒクッ!ヒクンッ!、とうごめきます。
媚薬が効いてきたのです。
美緒ちゃんを誘拐したおっさんは、自分のテクニックに自信がないので媚薬を使いましたが、ユリカちゃんに使用されたのは、単に面倒臭いからでした。
さらった処女を手っ取り早く感じさせるのに、他に覚醒剤とかもありますが、それは人間が壊れてしまうのでママの恋人は使いません。
かといってある程度は感じさせないと、受け入れ体勢が出来てないのに弄りまくっちゃうと、性器が傷つくかもしれません。
人間相手のお仕事は、難しいですね。
それはともかく、触れてないのに段々と、自らヌメリが増し、赤みが増し、ヒクつく処女マンコを観察しながら、
「おぉ・・・・」
若ハゲのオッサンは感嘆の溜め息をもらします。
ユリカちゃんの意志とは関係なく、膣壁がざわつき、震え、
湿りを帯び・・・
泣き叫び続けたユリカちゃんが今では黙ってしまっているのは、泣き疲れたせいばかりではないようです。
そこはまるで、すでに水が満ちたコップのように緊張し、ちょっとでも刺激するとあふれてこぼれるような・・・
若ハゲの目もランランと輝き、処女のくせにメスめいて行くマンコを、食い入るように観察します。
一方、
ママに挿入した小肥りも夢中で腰を振り、
繋がった陰部からグチュ!グチュ!とイヤらしい音が響いています。
処女のユリカちゃんの気持ちからすれば、地獄のようですが、
子供だってちゃんと標準装備されている、ただ幼さで今まで表面にあらわれずにいた性感覚は、この異常な状況下で強引に目覚めさせられ、反応し、
脳と身体は痺れ、
若ハゲの、興奮してフガフガ荒い鼻息が粘膜に当たるだけでも、敏感になった性器はウズくような・・・
固く閉じていた筈の目はうっすらと開いて、その目はトロンと、甘く濁っていました。
その濁った目に映る、ママの『交尾』の姿・・・・
ママはくぐもった声しか出せないし、挑む男は欲望の塊のようで、いっそうケダモノめいています。
激しくママに腰を使って・・・
「そのまま中に出していいぞ!」
許しを得たので遠慮なく、ママの子宮に射精します!
「・・・ぐぅっ!!」
ドクドクと流し込まれる、好きでもない男の身勝手な精液に、ママは悲鳴に近い息を洩らします。
そして、
「おい、空いたぞ!お前も突っ込みたきゃ、やっていいぞ」
ユリカちゃんの性器をつぶさに観察し、すっかり興奮した男が、早速ズボンとパンツを一気に脱いで、精液まみれの膣に構わずぶちこみます。
ママは自分の意思と関係無く、
肉便器。
性欲処理専用女。
穴。
そう呼ばれるのが相応しいような、情けな~い状態になっちまってます。
ママがこの世に存在する理由は、男達に凌辱されることのみのようです。
しかも、
激しい嫌悪を感じながらも、媚薬のせいか、その膣が、子宮が喜んでいるのを自身でも分かってしまいます。
いや、それは媚薬だけの力ではなく、今気づいたのですが、
今までの恋人とのセックスによって、いつしかマゾ心を植え付けられていたのではないか?
そして、否応なしに感じてしまう牝の姿を娘に見られ、その恥辱に潜む背徳の黒く甘美な感情が、自分のなかにあるのではないかと疑い、一度そう考えると、さっきの雨雲のように、みるみるうちにママの気持ちを占領します。
一方、ユリカちゃんは、
媚薬によって高まり、性神経が剥き出しにされ、男の鼻息にすらそのムズムズする粘膜が・・・・・いや、ママと男の交尾の動きで震える、室内の空気にすら剥き出しの性器はザワザワ刺激され、
「ふ・・・・は・・・・・ぁ・・・・・・は・・・・・・」
粘り気のある吐息を吐いています。
そんな中、ママに挿入する若ハゲが間抜け面でさっそく、
「イ、イクゥ!!」
下品に叫び、またも精液を流し込むのを、濁った眼で、そして濁った頭で見るともなく見、
意識と身体が引き剥がされたように、『ヨダレ』がその幼いオマンコにツ・・・・・っと・・・・・
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/07/29(日) 17:06:28|
  2. ユリカちゃんとママは可哀想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユリカちゃんとママは可哀想 21 | ホーム | ユリカちゃんとママは可哀想 19>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/317-d8571cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR