FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

玲奈ちゃんの終わらない日々 1

ダメな大人の為の残酷童話
『玲奈ちゃんの終わらない日々』


  はじめに

なんだかホントに子供を監禁するバカがいますね。前にもどっかに書いた記憶がありますが、男の人生が破滅してもどーでもいいですが、少女を道連れにしないで貰いたいモンです。
って今も僕、これから監禁もの書くんですが。現実の僕にそんな欲求は全くありません。なので小説内であっても『少女に酷いことした奴はそれ以上の報いを受ける』よう努めています。まぁ未熟ゆえうまくいかない事もありますけど。
「手に入らないものを無理に手にしてもどこかに歪みが出る」というのは真実だと思います。その歪みが因果応報というか、逮捕の形をとるとは限りませんが。
その歪み具合が小説ネタになるから書いてるんで、監禁してどーこーしたいという欲求はサラサラ無いんです。ミステリー書く人が人殺しでないのと一緒です。
そのわりにはネチネチ嬉しそーに書いてるように思われるかも知れませんが、これは昔の恐怖小説の書き方から来てるんだと思います。そんなのばっか読んでたんで。
じゃあなんで相手が幼い少女なのかっつーと、その辺りの事情も前に書きました。

まぁ、
こんなしょーもない文章と内容じゃあ、そんな言い訳ツラツラ並べる必要ないかも知れませんが。
では、嘘八百の作り話、一個も本当の事など無い物語を始めます。



1
玲奈ちゃんは白い肌を恐怖と羞恥で縮こませ、全身の血が凍りつき、同時に逆流し、まだ小×五年生の、1×歳の小さな身体を震えさせています。
そんな可哀想な姿を、
「うん、キレイだ・・・ふふ・・・ふふふ・・・!」
男は気味の悪い笑みを浮かべながら眺めるのです。
玲奈ちゃんはグシャグシャな泣き顔をデジカメに撮られました。
右から、左から、何枚も。
舐めるように。
近づいて。あるいは引いて。
「ひ・・・ひ・・・ひぃ・・・・」
いっぱい泣いたのに、まだ涙が出るのです。
涙は紅潮した頬を・・・何度も、何度もひっぱたかれたのです・・・伝い、
今どきの子供らしい細い顎に流れ、垂れ、
彼女自身の素肌を濡らします。
裸なのです。
この目の前の、気持ち悪~いオジサンに脱がされたのです。
腕を束ねられ吊るされ、
小×五年生のまだペッタンコと言っていい・・・いえ、その趣味の人間なら見逃さない、ほんの僅かな膨らみも晒されました。
嗚咽によって、そのちっちゃなオッパイが揺れます。
恐怖と羞恥でポッチリと淡い色の乳首が縮こまっています。
ひっぱたかれ、髪を掴まれ、泣き叫んでも容赦ありませんでした。
この会ったことの無いオジサンは、まるで物に当たるかのように、あるいは憎しみをぶつけるように(玲奈ちゃんは憎まれる覚えなど全然ありませんでしたが)、玲奈ちゃんを苛むのです。
多量の涙はその胸も濡らします。
激しく起伏する胸を伝い、痩せた、けれど幼児期を残す緩いカーブが可愛らしいお腹を伝い、
細い腿も濡らします。
今、その脚は閉じられているのですが。
捩れた無毛の亀裂がチョコっと見えているだけですが。
両膝にもロープが掛けられています。
そのロープは天井に向かい、滑車を通って男の近くに。
ここはどこなのでしょう?
気がつけばこの薄暗い部屋にいました。
それまで自分がどこにいたのか、記憶も曖昧です。
そして気づくと、このオジサンがいました。
無精髭を生やし、ボサボサの髪にヌメッとした厚い唇。
一目見てこのオジサンが悪意の塊である事が分かりました。
閉じられた部屋の中を逃げ、けれど直ぐに捕まえられ、
縛られ、服を破られ、
今は不自由な身体をデジカメで撮影されています。
色々用意してあるという事は、これは計画的犯行なのでしょうか?
細い腕は縛られて高く吊るされ、軽い身体をそれでもギリギリィィッ!と苛みます。
そして、右足に掛けられた縄が引き上げられました。
「あ・・・・あぁっ!・・・・イヤだぁ・・・・・イヤァッ!」
「おらっ!力を抜け!」
ジタバタ暴れますが、
バシィッ!っとひっぱたかれます。
「ひぃぃっ!」
抵抗なんてまるで無意味。いえ、抗えば抗うほど、痛い目にあわされるのです。
従順にしてれば酷いことされないって訳でもないでしょうが。
そして、
細い右足が上げられ、
「ほら!こっちもだ!」
左足もギリギリと引き上げられます。
「イヤァァァッ!」
玲奈ちゃんの幼い亀裂が丸見えになりました。
まだ誰のものでも無い筈の、子供の玲奈ちゃんにとっては排泄器官でしかない部分が、大人の力によって強引に晒されたのです。
宙吊り状態で頑張って脚を閉じようとしますが、
無慈悲な縄によってカエルのようなミジメな体勢に固定されてしまい、隠す事が出来ません。
小×五年生のオマンコは、まるでこの気味の悪いオジサンのモノのようです。
苦しさと恥ずかしさがさらに玲奈ちゃんを苛みます。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/02/10(月) 16:13:04|
  2. 玲奈ちゃんの終わらない日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玲奈ちゃんの終わらない日々 2 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/422-fe140f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。