FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑠夏とぐるぐる 1

この6年2組に転校してきた少女。
クラスに入って来たとたん、みんながザワついた。
まるで雑誌やテレビから抜け出したような美少女。
透き通るような白い肌に、はっきりとして整った顔だち。
細い身体に長い手足。小さな頭。
髪は黒く艶やかで長い。
まるで冗談のように美しい。
ただ立ってるだけなのに華やかだ。
みんながザワつく中、
「弥南、瑠夏です。よろしくお願いします」
名前と違って涼しい声で自己紹介する。
なめらかに頭を下げた。長い髪がサラ・・・っと流れる。
「・・・芸能人みたい・・・」と、ヒソヒソ話す女子の声が聞こえる。
頭を上げた転校生と・・・目が合った。
思わずそらす。
もともと人と目を合わせるのが苦手だ。けど、
これだけキレイな女の子だからだろうか、よりドキマギする気がする。
・・・でも。
「席は、そこ・・・委員長の相沢の後ろだ」
先生が言う。
「まわりも色々教えてやれ」
・・・・チラリと、斜め前の相沢さんの後頭部を見て、横の空席に目を移す。
相沢さんの後ろ、つまり僕の隣。
転校生が近づいて、相沢さんが「よろしく~」と手を振る。
転校生は、「・・・どうも」と、ニコリともせず言う。
相沢さんの横顔が見えた。
ホニャっとした可愛い笑顔。
無愛想な転校生にも気にせず、
「あとで学校、案内したげるね?教科書は?大丈夫?」
気さくに話かける。
転校生はうなずくだけ。無表情だ。
「わからないことあったら何でも言ってね?」
相沢さんは気にせずニコニコ話かける。
相沢さんは誰にでも優しい。
二人の様子をチラチラ盗み見る僕に、転校生が顔を向ける。
ハッとして目を伏せる。
「・・・よろしく」
「・・・よ・・・よろし・・く・・・」

この無愛想な転校生にクラス中の注目が集まった。
これだけの美少女だ。当然だろう。
でも僕には関係ない。
僕はクラスの「その他大勢」の、そのまた以下だ。
ただの目立たない生徒だったのが、こないださらに格下げになった。
クラスで盗難騒ぎがあった。
女子の北欧製のペンケースが無くなったのだけど、体育の授業の時、お腹が痛くて一旦授業を抜けた僕が疑われた。
僕は盗ってない。けど、疑いの目を向けられ、それだけで頭が真っ白になってしまい、上手く弁解出来ず、シドロモドロになって、余計疑われた。
相沢さんだけが、
「違うって言ってるんだから違うよ!」
とかばってくれたけど、疑いが消えた訳でなく、それ以来、相沢さん以外のクラス中から無視されている。
相沢さん。
クラスの中心人物。相沢さんだってテレビに出たらたちまち人気者になるんじゃないか?
明るく屈託ない性格。親切で優しく、勉強も出来て、美人タイプじゃないけど仔猫みたいに可愛くって・・・
・・・昼休み、転校生を囲んでみんな集まる。
隣のお前、ウゼェ、という空気に囲まれる。
・・・わかってるよ。
僕は席を立ち、ふと転校生を見ると、
転校生は僕を見て、クスッ!と冷たく笑った。
僕はその途端、カァッ!と頭に血が昇って、その場から逃げた。
背中で、「アイツは気をつけた方がいいよ~」と、声がする。
「気をつけるって?」
転校生の声がする。
「もう、いいじゃん!その話はぁっ!」
相沢さんがかばってくれる。でも、
「なに?何の話?」
転校生が食いついた。
きっと、『アイツは泥棒』という情報をインプットされ、今後僕は彼女にそう見られるのだろう。
どうすればいい?
もともと僕は気が小さい。
親しい友達もいなかった。今はゼロ以下だ。
陰気で、『泥棒』。
きっとこうして、『泥棒』のレッテルを貼られ続け、中×に行っても、高×生になっても・・・
泣けて来る。
何で僕は、キゼンとやってない!と言えなかったんだろう?
本当に違うのだから、堂々としてれば良かったのに。
時間を戻したい。
やり直したい。
いつも願う事が心にぐるぐる回り続ける。

僕は図書室に逃げた。
本はいい。
1人でもかまわない。
が、
転校生のクスッ!という冷笑が頭にこびりついて読書に集中できない。
転校生は、みなみ・・・るか、と言った。
あれだけ美人に生まれれば、どれだけ無愛想でもみんなにチヤホヤされるんだろうな。
僕と真逆だ。
地味な僕は、居ても居なくても一緒。おまけに人見知りで、クラスメートに話かけることすら高いハードルだ。
弥南さんは持って生まれた華やかさで、何も言わなくても向こうから話かけて来る。
きっと、それが当たり前の事なんだろう。
きっと、僕みたいな人間の気持ちなんて、ちっともわからないに違いない。
そんな事を考えていると、静かな図書室内が微妙にザワついた。
見ると、入り口に弥南さんと相沢さん。他に何人か。
「ここが図書室」
相沢さんらが学校内を案内してるらしい。
また、弥南さんと目が合った。
またあわててそらす。
「・・・弥南さん?」
相沢さんのキョトンとした声が聞こえる。
誰かが近づいて来る気配。
僕は一心に読書に耽るフリをする。
と、
女の子の手が、本に乗せられた。
「・・・あ」
心臓が高鳴る。
思わず、顔をあげると、真っ直ぐ僕を見つめる弥南さんと目が合う。弥南さんはボソッと、
「・・・私、『T- J-M.クリニック』から来たの」
「え?」
ジィィッと僕を見つめ続ける。
僕は、今度は何故か目をそらせなかった。
「ティ・・・ジェイ?」
僕が聞き返すと、弥南さんは一瞬いぶかしげに眉をひそめ、直ぐに微笑みになって、行ってしまう。
「弥南さん、どうしたの?」
相沢さんが言う。
弥南さんは答えない。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/04/27(日) 09:06:01|
  2. 瑠夏とぐるぐる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<瑠夏とぐるぐる 2 | ホーム | ショートショート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/451-c6343d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。