FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑠夏とぐるぐる 4

相沢さんが泣きながら僕に言う。
可愛い顔が、僕への憎しみで歪んでいる。
   そもそもアナタ、前から思ってたけど気持ち悪いんだよね!
   弁償してよ!新しく買って!
   あやまりなさいよ!て言うか、
   死ね!
   マジ死ね!
   まだ死んでないの?
   チクるとか腐った事すんな?
   アハハ!
相沢さんが笑っている。
   明日も遊ぼうね~!
残酷な断片が、頭に一気に渦巻いたのだ。
細かいところは分からない。
ただ、嘲笑、侮蔑が。僕を蔑む歓びが残酷に僕の中に満ちる。
「・・・・う、うぅ・・・・」
僕は泣き崩れた。
項垂れ、だらだらと涙を流す。
他のクラスメートはともかく、相沢さんが言うとはとても思えない汚ない言葉が生々しく僕を責めた。
相沢さんのものとは思えない残忍な目が、僕を切りつけた。
膝をつき、顔を両手に埋めて泣く僕に、
転校生は近づいて、
その胸に抱いてくれた。
「・・・・ん、泣いていいよ?」
「・・・うぅ・・・ぅ・・・ぅ」
頭を撫でてくれた。
そして、
「もっと抑えないで泣いていいよ?」
ぎゅぅぅっと抱き締めてくれた。
同い年の女子の、小さいけれどちゃんと柔らかい胸に包まれ、
「・・・・う・・・わぁぁぁんっ!」
大声で泣いた。
赤ん坊のようだ。
泣いている間、弥南さんはずぅっと撫でてくれる。
「ぼ、僕は、盗ってないよぅ!」
「うん、うん」
「み、み、み、みんな信じてくれなくて!僕は頭が真っ白で・・・な、な、にも、言えなくって・・・!」
「うん、うん。アタシは信じてるよ?」
色々ととりとめのない感情をぶちまけた。
しばらくそうして、撫でられ、哀しみをぶちまけた。
やがて、気持ちが落ち着いて来る。
少女の体温を感じ、
(・・・いい匂い)
少女の香りに包まれるのを感じる。
「どう?気持ち、落ち着いてきた?」
「・・・・・うん」
哀しさが、溶けていく。
「手を貸して?」
柔らかい右手が僕の右手を掴む。
僕はされるがまま。と、
「あ」
「・・・どう?」
胸に導かれる。
「ちょ、ちょっと・・・」
「揉んでいいよ?あんまりないけど。男の子、おっぱい好きだもんね?」
僕を真っ直ぐ見つめて言う。
優しく微笑んでいる。
確かに、大きくはない。でも、丸く盛り上がって・・・
「だって!」
「いいってば!だって落ち着くでしょ?おっぱい」
恐る恐る、揉んでみる。
弾力がある。でもフワフワ柔らかい。
もっと幼かった頃を思い出す。
もちろん、ママのよりぜんぜん小さい。でも。それでも、
やわやわと揉んでいると、溶けた哀しみがスーっと浄化した気持ちになる。
またポロ・・・・っと涙が落ちる。
「・・・ふふ」
彼女は一旦僕の手を取り、
「ちょっと待って?」
と言いながら、
春物のブラウスのボタンを外し始めた。
呆気にとられて、なにも言えず、少女の行動に囚われる。
やがてブラウスは脱がれ、ブラが現れる。
ごく・・・っと生唾を飲む。
少女はブラを自分で外した。
僕の前に、生のおっぱいが。
なんてキレイなんだろう。
真っ白に輝く肌に二つの盛り上がり。丸く尖って、その先端に淡い色。
吸い込まれるように見入る自分に気づいて、ハッとしてあわてて目を伏せ、
「そ、そ、そ、そん、な・・・・」
けど弥南さんは優しく言う。
「これも治療の一環だからいいの。ね?」
頭を柔らかく掴まれる。
く・・・・っと引き寄せられる。
「だ、だって!」
「ほら、赤ちゃんみたいに、おっぱい吸っていいよ?落ち着くから」
「う・・・」
淡いサクラ色の乳首がつい目の前に。
ポッチリと尖っている。
少女の匂いが濃い。
ネットリと体温を感じる。
「ね?」
弥南さんにうながされて、僕はそのちっちゃな乳首に、チュク・・・・と唇をつけた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/05/03(土) 08:36:37|
  2. 瑠夏とぐるぐる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<瑠夏とぐるぐる 5 | ホーム | 瑠夏とぐるぐる 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/454-8da66b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。