FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

interlude 3.5

今回の治療で初めて、『治療』されたという実感が湧いた。
具体的にどうこういう訳ではないが・・・『治療』から醒めると妙に心が晴れて、爽やかだった。
先生が言う。
「どうです?今回はかなり御気分がよろしいのじゃありませんか?」
「・・・そう・・・です・・ね」
自分の中に居座るどす黒い部分とは離れて、穏やかな何か、が・・・具体的には言えないけどハッキリと白く清潔な何かがあるように思えた。
まるで雨雲に覆われた空に一点、太陽がほんの少し、顔を覗かせたような。
僕が、
「だいぶ・・・いい気がします」
そう答えると、
「でしょう?」
先生は満足げにうなずいて、にこやかに言う。
「今回の治療で大きく進んだのです。大丈夫ですよ?近いうち、貴方は完治するでしょう。その兆しが表れたのです・・・・まだ、憎しみや怒りや、恐怖は残っているでしょう?クラスメートや、相沢さんへの・・・」
そう言われただけで、せっかくの白く清潔な『何か』が、どす黒いものに被われていく気がする。
「・・・はい」
うなずいた。
先生は、
「いずれそれもウソのように消えてしまう。御実感なさっているように、治療は進んでいるのです。私は、貴方の味方ですよ?一緒に頑張りましょう!」
「味方・・・」
医者を味方と呼ぶのは皮肉めいて感じられたが、
僕には味方がいる、と思うと、言葉に出来なかった『白く清潔な何か』とは、『味方』というものだと感じられた。
僕にはずっと、味方がいなかった。それが当たり前だと思っていた。
両親は僕の中学の頃、離婚した。父親とはそれ以来会ってない。まぁもともと、父親に相手にされた覚えはない。家にいない人だった。
かといって母親に構われたわけでもない。そして母親が再婚する頃、高校も行かなくなり、僕の居場所は完全に無くなった。
母親と父親との間にどんな話があったかは知らないが、僕は父親と母親との家族、どちらにも属せず、父親の持つ狭いマンションの一室をあてがわれた。
それ以来ずっとそこにいる。
欲を出さなければ、父親から送られてくる生活費で生きていける。誰とも会わず、世間といえばPC上のもので、 それで充分だった。
下手に世間に出れば、自分の中のどす黒い部分が爆発しそうな気がした。
ただ、自分が石にでもなった気持ちで暮らしていた。
それでも、どす黒さは成長していったようで、いつしか、自然とこんな事を考えるようになった。
・・・クラス会を装ってみんなを一ヶ所に集め、そこを爆破したらどうだろう?
実行するつもりのないゲームとして、僕は爆弾の作り方を調べたりした。
でも、全員がちゃんと集まるとは限らないじゃないか?それに、爆破では関係ない人に迷惑がかかる。それに、僕の復讐なのだとみんなに教えてやらなきゃ。
毒薬を飲ませるというのは?
ミステリーのように甘言で全員を孤島に集めて、一人づつ・・・
あくまでも頭の中のゲームとして・・・だいたいそんな財力はないし、行動力もない・・・考え、実行する気ないクセにこれはリアリティーがないだの、残酷さが足りないだの、何だのと鬱々と考え続けていた。
そんな事してると、父親の代理人という奴が来た。
ほったらかしだと思っていたが、ちゃんと監視はされていた。
定職を用意して来たから外に出ないかと言うが、断った。するとちょっとしたカウンセリングを受けてみないかと言われ、それも断った。
偶然だが、その直後、新宿で通り魔事件があった。
アーミーナイフで見ず知らずの人達を切り裂いていった犯人の、報道される人間像に、
共感した。
次いで、恐くなった。
このままでは、僕もそうなってしまう?
そう想像すると・・・それはとても自然な成り行きに思えた。
それはあまりにも自然で、恐く感じないという事がとても恐かった。
父親の代理人がまた来た。
『T- J-M.クリニック』を紹介された。費用は父親が持つと言う。

・・・・今日、『T- J-M.クリニック』に来て良かった、と初めて思った。
僕は治っている。
まだ遅くはない。
壊された僕を、治せる。
僕には『味方』が・・・・いる。
『味方』・・・という言葉は、とても僕を甘く安らがせた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/06/14(土) 17:31:41|
  2. 瑠夏とぐるぐる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<瑠夏とぐるぐる 15 | ホーム | interlude 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/469-01855f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。