FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瑠夏とぐるぐる 23

センセーが部屋に戻って来た。
「瑠夏。黙って入るなとあれほど・・・」
「カギ、開いてたもん」
センセーはそれ以上言わず、椅子に座って深く息を吐いて、
「・・・準備は整った。あとは瑠夏の協力が・・・・」
「いいよ」
アタシがアッサリうなずくと、
「え?」
「いいよ。協力する。協力してもいい」
「本当に?」
アタシはうなずく。
「・・・二人とも、助かる・・・治るんだよね?」
センセーは目をそらして、
「あぁ、そうだ」
「相沢さんのイジメを黙って見てるだけでいいの?」
「場合によってはイジメに協力する。まぁ、全てあの患者の頭の中の出来事だ。現実じゃないんだ。気にする必要は無い」
「・・・うん」
センセーはさっきの気持ちよくってクニャクニャな顔じゃなくて、マジメな顔して、
「今、相沢秋帆は心を自分の殻に閉じ込めている。そこから動こうとしない。まぁ『JMCG』を呼び水にするわけだな」
「ねぇ」
「ん?」
アタシはスカートに手を入れてパンツを脱いだ。
「瑠夏!」
ビックリしたセンセーの顔がオモシロイ。
「アタシさぁ、子供だけどいっぱい『JMCG』でせっくすしてんだよね?でも現実ではしないんだよね?」
「・・・・あ・・・イタズラは・・よ、止しなさい・・・!」
今、センセー、ゴクッっていった。
アタシのスカートと下げたパンツを見てる。
「センセーは『ベンキョー』はするけどせっくすはしないよね?なんで?」
「・・・それは、しちゃいけないからだ。瑠夏は大人になって、ちゃんと恋愛を知って、それから・・・」
「『ベンキョー』はいいの?」
「言ったろ?仕事の為に必要だから・・・」
「うん。言った」
アタシはスカートをあげて中を見せながら、
「言ったよね?センセー、アタシの為だって。仕事の為だって」
「・・・イタズラは止しなさい」
「アタシ、いっぱいこーゆー事、してるよ?なんで『JMCG』だとOKで現実だとダメなの?」
「・・・スネてるのか?」
センセーがアタシのワレメをチラチラ見てる。
「スネてないよ。アタシ、ヨクジョーしてんだ・・・・って言ったら、どうする?」
「バ・・・仕事と私情をちゃんと切り分けなさい」
「センセーは出来てるよね?アタシはダメみたい。ガキだからかな?」
センセーは立ち上がって、近づいて・・・ドアのカギをかけた。
アタシの肩に手を置いて見下ろして、
「瑠夏は・・・疲れてるんだ。負担をかけさせてるのは僕だ。すまない」
アタシは見上げながら、
「ねぇ、アタシの・・・・おまんこに、センセーのおちんちん、いれて?いいよ?ってゆうかぁ、ホシインダケドォ?」
「・・・瑠夏」
センセーの顔が、目が、赤い。
「現実でもせっくすすると気持ちいいのかな?気持ちいいんだよね?」
「し、身体的に瑠夏にはまだ無理だ。まだ性器は未熟で、大人の男性器を受け入れられる状態じゃない」
「でも・・・」
相沢さんは・・・といいかけて、
「センセーならいいってばぁ!」
見上げてると、ホント大人っておっきい。
よく見えるノドがゴクッってまたいった。
センセーはあんまない方だけど、ヒゲがある。
アタシはセンセーのおちんちんのとこに手を伸ばした。
「瑠夏!」
「・・・・おっきいじゃん」
「いい加減にしろ!」
アタシの手をつかんでひきはなす。
「せっくすしないんなら協力しないって言ったら?」
「・・・あのな、私は遊びでお前と・・・・その・・・・お前に教えた訳じゃない。全て良い仕事をする為だ。ちゃんと切り分けが出来ないんなら・・・」
「んふっ!ウソ」
「ウ・・・・!」
センセーは言葉を詰まらせた。だから、
「ヨクジョーなんてウソだよ。ヤな事するんだから、ちょっと・・・スネただけ」
ニッコリ笑って言うと、センセーは気が抜けたみたいでそのスキに手をほどいて、
「ちゃんと協力するよ・・・痛ったぁ・・・子供にホンキでつかんじゃって、痛いよ!」
「あ、大丈夫か?お前がヘンな事言うから・・・・アザになってないか?」
「・・・・うん」
アタシはセンセーのおおきい手の形に赤くなった手首をさすった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2014/07/21(月) 14:29:55|
  2. 瑠夏とぐるぐる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋帆ちゃんのおはなし 2 | ホーム | 瑠夏とぐるぐる 22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/479-5c7567d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。