FC2ブログ

In a kingdom by the sea

Lord help my poor soul

瑠夏とぐるぐる 32

治療室に戻ったアタシをチラチラ横目で見ながら、センセーが言う。
「今、患者二人を繋いでいる。相沢さんに彼のイメージを流し込んでいる」
あの気持ち悪い事を。
「瑠夏、疲れてるだろ?一旦、部屋に戻れ」
アタシはナースにコードを外してもらいながら、
「そうやってると、相沢さんから反応が出てくるの?」
「ん?・・・ん・・・・」
センセーはアイマイに言って、
「・・・・そうなればラクだけど、まぁ、今のところ相沢さんの反応はないな。彼の一方的な『暴走』が続いてるだけだ」
暴走。
センセーはモニターのアタシにわからない線や色や数字を見ながら言う。
それが今の患者さんの『ボーソー』の、『キモチ』のすべて、と言うことらしい。
「部屋に戻らなくていいのか?」
アタシはそれには答えないで、
「これからアタシ、どうすればいいの?」
センセーはモニターから目を離さず言う。
「先ず、しばらくこうして患者を繋いで様子を見る。そのうち相沢さんから反応が見られれば、瑠夏は相沢さんの中に入って彼女を彼の中に導く。あるいは逆に彼の中に入って、彼を相沢さんの中に導く。
今の状態で何も進展が見られないようであれば・・・・瑠夏は先ず彼の中に入る。そして、相沢さんの好みそうな場面に状況を誘導する。相沢さんから反応がある迄ね。相沢さんから何かしらの反応が出てきたら、今度は彼を相沢さんの内面に連れて来る。あるいは相沢さんを彼の中に導く」
「・・・・ややこしいね」
それにキツイ。
「まぁ状況に依る。その都度、こちらから指示する」
「・・・・ねぇ、オレンジジュース飲みたい」
「部屋に運ばせようか?」
「今」
「・・・・君、持ってきてくれ」
ナースが出ていった。
アタシは、
「センセー、アタシ、バイタだって」
「ん?」
「バイタって、どういう意味?」
「子供は知らなくていい」
このモニターの、どの線が、色が、数字が、『弥南瑠夏が恐い』なんだろう。
「ねぇ、相沢さんチってそんなにエライの?」
「ん?・・・・ん・・・・」
アイマイな答え。
「こんな事して、ほんっと大丈夫なの?」
「あぁ」
「アタシは?」
「やっぱり嫌になったか?」
「やるって言ったからやるけど・・・危険はないの?」
センセーはアタシの方を真っ直ぐ見て、
「瑠夏は僕が守る」
言った。
センセーの目を見ながら、他に聞きたいことあった気がする、なんだっけ?って思った。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2015/08/17(月) 09:11:17|
  2. 瑠夏とぐるぐる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめに | ホーム | 瑠夏とぐるぐる 31>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://annabellee1849.blog.fc2.com/tb.php/514-433549c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pXJ/bvajT1BB

Author:pXJ/bvajT1BB
18禁。そしてこの作り話と現実は何の関係もありません。ていうか、こんな馬鹿馬鹿しいもん作り話に決まってるだろ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
断片 (2)
美緒ちゃんは悪い子 (0)
琉奈ちゃんの恋人 (0)
雨に濡れた少女 (3)
森の中のふたりの少女 (9)
サーヤちゃんちの家庭事情 (0)
思い出 (4)
ユリカちゃんとママは可哀想 (38)
杏奈との思い出 (45)
Key of Life (12)
Nußknacker/胡桃割人形 (10)
A Witch's Curse/魔女の呪い (29)
玲奈ちゃんの終わらない日々 (25)
ショートショート (3)
瑠夏とぐるぐる (38)
玩具姉妹 (21)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

駄文同盟.com

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR